ホーム > システムソリューション > 入出庫在庫管理システム
製造・物流
入出庫在庫管理システム
業種・分野| 製造・物流 | 食品製造・加工食品・サービス機械製造・加工/流通・小売
製品ソリューション| 入出庫在庫管理システム | 進捗在庫管理システム献立表作成システム生産管理システム
課題| 在庫管理が簡単 | 未来在庫予測ができる食品業界特有の原価計算 他受注~出荷までの工程をリアルタイムで把握
概要導入事例導入効果
製造・物流業のお客様で、このような課題はありませんか?
在庫管理が面倒。
手作業に近い状態で仕事を行っているため、時間がかかる。
入出庫作業を目視で行うため、管理者が最終確認をしなければならない。
このシステムで解決できる課題
導入事例
ハンディターミナルと計量器を利用した 例
■入庫(システム導入前:計量器付属の専用バーコードスキャナ使用/システム導入後:ハンディターミナル使用)
   1.社内現品票をスキャン
   計量器の画面に部品コードが表示。
   ※1 付属の専用バーコードスキャナを使用。
 1.HT*で社内現品票をスキャン。
 計量器の画面に商品コードが表示。
*HTとはハンディターミナルのこと。
2.部品をはかる。
※2 ラベル印刷ではありません。
 3.計量したものを箱に入れる。
■出庫(システム導入前:目視で作業/システム導入後:ハンディターミナルで作業し、パソコンで管理)
   1.事務所では、お客様から
    メールが送られてきます

   ■出庫指示データ(テキストデータにて)
    管理しやすいようにExcelに変換。
    今日の出荷分だけの指示書を印刷。
   ■現品添付ラベル(PDFファイルにて)
    ラベルを印刷して今日の出荷分だけを
    仕分ける。現場にラベルを持っていく。
2.現場では、今日の分を目視確認。
出庫指示データを見ながら、社内現品票と
お客様の現品票を目視で出荷日や部品等
を確認する。
3.目視で数量確認。 4.管理者が目視で最終確認。
出荷検品が終わったもののメモと現物を
管理者がすべて目視で最終確認する。
ㇾ点を付け、担当者のサインをする。
目視のため、ミスが発生する可能性も!?
   1.出庫指示データをシス
    テムで取込み。

    ワンクリックで取込み!
2.モニターに表示。
HTで出荷日などを指定すると、
パソコンに作業モニターが表示
される。

3.ラベルをスキャンして計算する。
左から順番に・・・
社内現品票、現品添付ラベルを順次にスキャンする。
計量器の画面に商品コード、出荷指示数が表示される。
計量されるとラベル印刷される。
袋詰めして、ラベルを貼る。

4.モニターには出荷検品が
 完了したものが消える。

モニターに表示されているものは
30秒で自動更新される。


帳票一覧:入出庫一覧表、在庫管理表、ラベルなど
導入効果


実際に当該のお客様は、現場作業だけでも2時間以上の短縮がありました。 title=目視の負担も大幅軽減されました。

入出庫在庫管理システムカタログ
入出庫在庫管理システムのカタログをダウンロードすることができます。
カタログダウンロード PDF(2.26MB)

 お電話でのお問い合わせ 054-284-2740
(受付時間 9:30~17:30 ※土日祝日を除く)
HOME

ハンディターミナルシステム
システムソリューション

入出庫在庫管理システム

進捗在庫管理システム

献立表作成システム

生産管理システム
会社案内

企業理念

会社概要



採用情報

採用メッセージ

求める人物像

募集要項
情報セキュリティポリシープライバシーポリシーお問い合わせ